ガス給湯器にエラーが出たら弊社が修理に伺います

ガス給湯器は混合弁という部品が故障したり不具合が出たりすると自動湯はりができなくなりエラーが出ることがあります。


寒い時期は気温が0℃以下になることもあるため、凍結による点火不良が発生することが少なくありません。


大雨や強風などの影響でも、エラーが出ることがあるので、まずは取扱説明書に目を通してください。


電源を入れ直しても改善しない場合はスタッフが修理に伺います。


混合弁などの部品を交換することで、自動で湯はりができるようになります。


ガス給湯器を購入してから、3年から5年ぐらいであれば、修理ができるケースがほとんどです。


弊社のスタッフは故障の原因を特定するために、時間をかけて細部まで確認を行っています。


ガス給湯器はメンテナンスを怠ると、突然故障をすることがあります。
弊社のスタッフにお任せいただけると、定期的に点検や整備を行います。